自信をもって笑顔になれる白い歯に!

HOME » 治療前に知っておきたいホワイトニング情報局 » その他の質問Q&A

その他の質問Q&A

このページでは、ホワイトニングにかんする素朴な疑問・質問をまとめてみました。

ホワイトニングの不安・疑問を解消するQ&Aコーナー

Q:治療前後にしてはいけないことは?

A:ホワイトニング後48時間は、エナメル質の性状が安定していないため、歯の表面が再着色しやすい状態です。そのため、コーヒーや紅茶、赤ワインなどの色素の強い食品や、タバコはさけたほうが無難。また、歯が刺激に弱い状態になっているので、酸の強い、酸っぱい食品も控えたほうがよいといわれています。

Q:歯にダメージはあるの?

A:歯にダメージは与えません。ホワイトニングは、さまざまな大学や研究機関の発表により、安全性が確立されています。ホワイトニング剤の主成分「過酸化水素」「過酸化尿素」は、米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性が保証されているので安心。ほかの副成分も、食品添加物や化粧品の許可番号を得たものなど、安全な原材料を使用しています。

Q:痛みが心配だけど…

A:通常、治療中に痛みを感じる事はないそうです。ただし、知覚過敏の症状が出るケースもありますので、詳しくはクリニックで相談してみてください。

Q:何度も通う必要があるってホント?

A:「できれば一度で理想的な白さにしたい!」と願う人も多いと思います。

1度のホワイトニングで、白さの段階を一気に上げることは不可能ではないそうです。過酸化物薬剤の濃度を上げれば、一度でかなりのトーンアップが可能なんだとか。

その代わり、激痛や神経の炎症が引き起こされたり、歯の表面が便器のような不自然な白さになったりというリスクが発生します。歯の表面も荒れるため、着色もしやすくなることも覚えておきましょう。

何回かに分けて繰り返すことによって、歯にダメージを与えず、透明感のある自然な白い歯が実現できるので、ある程度の回数はこなす必要がある。と、考えたほうがよさそうです。

Q:やればやるほど白くなる?

A:ホワイトニングは、数回繰り返すことで、徐々に目標の白さに近づけるものですが、実現できる白さには限界があります。はじめの数回である程度白くなったあと、さらに施術し続けたとしても、変化はしだいに見られなくなっていきます。

Q:タバコのヤニも落ちる?

A:表面に付着したヤニもきれいにできます。ただし、その分、ほかの汚れの分解力は弱くなるといわれていますので、非喫煙者よりも、白くなるまでには少し時間がかかるかもしれません。

Q:白くなりにくい場所はある?

A:犬歯など、厚みがある歯は色が白くなりにくいといわれています。ですが、何度もホワイトニングを繰り返すことで、こういった歯も白くすることができます。

Q:虫歯の人はホワイトニングできない?

A:虫歯のある場合、ホワイトニングの前に治療をするよう、歯科医からすすめられます。虫歯は黄ばみの原因であることもあるので、歯科医の指示にはしたがいましょう。

 
口もとから輝く!ホワイトニングnavi【銀座版】